入浴を快適なものにする為にお風呂に浄水器を導入しよう

お風呂場

掃除しやすいタイプ

女性

立てかける場所を準備する

風呂ふたの掃除が面倒と感じる方も、少なくないようです。古いタイプのものや浴槽が比較的小さいという場合、今まではシャッタータイプのふたが主流でした。シャッタータイプはクルクルと丸めて、保管できるので場所を取りません。ですが、風呂ふた表面に深い溝がある為、そこに汚れが溜まったりカビが生えてしまいやすい点が難点です。より、掃除をしやすい風呂ふたにしたい・・と考えているなら、組み合わせタイプを検討してみましょう。組み合わせタイプは2枚から3枚程度に、ふたが分かれているのが特徴です。軽く扱いやすいので、高齢者の方がいるご家庭にも向いています。ふた表面はフラットで、デコボコしている所はありません。シャッタータイプのように溝が無いので、お風呂用掃除洗剤とスポンジで軽くこするだけで汚れを簡単に落とせます。今現在、販売されている風呂ふたタイプの中でも、組み合わせタイプは最も掃除がしやすいと言われているほどです。立てかけて保管しておけば、水滴もすぐに下に落ちて行くのでカビが生えにくいという点も、組み合わせタイプのメリットです。ただ、シャッタータイプのようにコンパクトにまとめて、保管する事が出来ません。組み合わせタイプの風呂ふたは、保管する場所を作る必要があります。風呂ふたフックというふたを立てて保管できる、市販のアイテムもあるので保管場所に困っている方は使ってみましょう。風呂ふたフックは商品によっても変わってきますが、約1000円程度で購入可能です。