入浴を快適なものにする為にお風呂に浄水器を導入しよう

お風呂場

正しい使用を心がけて

女の子

強い力を加えないこと

サイズがしっかりあっている風呂ふたは浴槽のふちとしっかり密着しているため熱が逃げにくくなります。変形してしまったり、破損してしまうと浴槽との間に隙間ができたり、穴があいてしまい保温効果が損なわれてしまいます。正しい使用法や保管方法を守って、変形や破損をさせないようにしましょう。風呂ふたに使われている樹脂は熱に弱い性質があります。そのため、火のそばや熱が加わる所には置かないように気をつけてください。直射日光に当てておくことで風呂ふたの表面温度があがり、曲がってしまうことがあります。また樹脂は特定の化学物質に弱い性質があります。硫黄成分が強い温泉水では変色してしまいます。また風呂ふたを洗うときには中性のお風呂用洗剤を使用するようにして、酸性やアルカリ性の強い洗剤や薬品を使い、長時間放置していると変色してしまいます。研磨剤の入ったクレンザーを使うと傷がついてしまいます。風呂ふたが破損するのは、ほとんどの場合風呂ふた以外の使い方をすることが原因です。もともと強い力が加わることが想定されていない風呂ふたは少しでも力が加わると割れることがあります。お湯をかき回したり、すのこの代わりに上に乗ってしまうと割れてしまい、風呂ふたとしての役割を果たさなくなり、ケガの原因ともなってしまいます。風呂ふたの使用前にしっかりと使用上の注意を読んで、正しい使用方法とお手入れ方法を頭に入れて別用途には使用しないようにしてください。